スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鱶-ふか-

巨大な鱶(サメ)に喰われた中年男性。
丸呑みされそうにも関わらず丼のフカヒレを喰らう。




喰われているけど食っている。
負けているようで負けていない。
死んでもタダでは死なないぜ。といった意気込み。

サメが好きです。
海の中でホオジロザメなんか出会ったら発狂すると思うけど。
幼い頃から映画やドキュメント番組なんかの影響で、自分にとってサメは「水中の恐怖」のシンボル的存在でしかなかった。
今思えばそれもある意味で魅力的だったわけだが。

実の所、人を襲う危険のある種類はほんの一握りだそう。
それからサメの見方が少し変わった。
最近NHKで「深海ザメ」の特集をやっていて勉強になった。
サメにはちゃんと役割があって、ただ餌喰ってるだけの生き物ではないのだということ。

小さくて微力な海の生物達が平等に餌にありつけるよう縄張りを作って他の巨大なサメから餌を守る。。
一種の「オアシス」を形成している訳だ。
それが海全体の生態系を守る事にもつながっている。凄い。
やはり自然には一切無駄が無いのだとしみじみ思う。

それから最近気になっているのが

200710-31-65-a0066965_0353137.jpg
「メガマウス」
いかつい名前とは裏腹に主な獲物は「サクラエビ」「オキアミ」で、ジンベエザメのように口に吸い込むようにして捕食するという、穏やかなおサメ。歯もほとんどない。

e9ac86c5.jpg
漂うぼーっとした感じやつぶらな瞳がかわいい、と思いませんか。

泳ぐ姿もなかなかゆったりのんびりしている。




マントの怪人叫ぶ夜

tvb.jpg

スピッツの「テレビ」からイメージして描いています。 
「マントの怪人~」というフレーズが強過ぎてそれがイラストにもはっきり出すぎたかも知れないですね・・まんまです。


tv.jpg

 「テレビ」の歌詞は特に不可思議で意味不明なのが良いです。スピッツの歌詞は本当に面白い。
ネオンが灯る賑やかな夜の街を描きたいと思い、結果的にイラスト全体にスピッツのイメージというかシンボルを散りばめた感じで卑猥な建物ばかりになりました 笑
もうちょっと構図を練るべきだったかも知れません。 
でもこの頃の慌ただしさの中で良く描けたと思ってます。


綿毛に守られて、二人は変わらず元気だ

planet.jpg

半年以上前に描いた『ウサギのバイク』に続き、
スピッツより『惑星のかけら』から浮かんだイメージを起こして描いています。
原画の段階でけっこう描き込んでいたのでスキャンや着色に気を使ったけど
それなりに納得がいくものになったと思う。
実際パイを食べてるのはじいさんだけ。子供は夢か幻か。。
食後のデザートはパイに限るね。
関係ないけど、らぽっぽ最近食ってないな。
たまに無性に食べたくなる。


初花凛々



久々の作品更新です。時期に沿ったものを描こうということで、春の訪れをイメージしています。

なので描いている植物も春の花を意識しています。つくし・タンポポ・ラグラスなんですが、

ラグラスはもふっとした見た目から「うさぎのしっぽ」なんてイカした別名があるそうです。ぴったりですね。


で、この絵は実は過去に描いた絵のリバイバルでもあります。





↑これ。
さすがに三年以上前に描いたものと比べると、手前味噌ですが少しは上達して来たかな。と・・・まず色数が違いますね(笑
この絵がとても中途半端な出来だったので、いずれちゃんと塗ろうと考えてました。が、「どうせなら一から描き直したろう。」と思い立ち、『電柱でくつろぎ』というテーマはそのままに描いたのが今回のイラストです。

私的にはソファと空の色合いがええ具合に爽やかになってくれたかなと思います。

ブラシをカスタマイズして絵の具調にしたのでよりアナログ塗りに近い感覚で作業できました。(ブラシ作成はこちらのサイト様を参考にしてます。Photoshopでリアルな水彩画風のブラシを作る方法 ) 

絵の少女の服や干しているTシャツは、最近僕が好きなUES(ウエス)というメーカーさんの商品を参考and引用させてもらいました。
素材にこだわった愛着の出るモノ作りをされているナイスな服屋さんです。



サスペンス

Murderous-mansepia.jpg
オリジナル。
何となくサスペンスっぽいイメージ。
ですが、完全に「ドラゴン◯トゥーの女」の影響。
映画観ながら描いてました。



でも気に入ってるのは



Murderous-fly.jpg
こいつだったり。

複眼のある虫を描くのがけっこう好きです。


次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。